体験2200円!大阪の堺筋本町駅前のゴルフスクール 定評あるゴルフレッスンで成果でております。

~確実に上達~ゴルフスクールは大阪の「オルフィゴルフ」!定評あるゴルフレッスン

ゴルフが上手くなるための秘訣

ゴルフが上手くなる人には秘訣がある??
ここを話しましょう!

ゴルフのネットレッスン

ゴルフ初心者が軽視しがちな練習前の準備運動!

ゴルフは、日常生活ではあまり使わない肩周り、股関節周りなどの回転運動をする筋肉を多く使います。

つまり、準備運動をしないと怪我のリスクがあったり、普段使わない筋肉を使うので、上手くスイングをすることが出来にくくなったりします。

そんなこともあり、ゴルフをする前に十分にストレッチを行い、筋肉をほぐす必要があります。


積極的に取り入れてケガの防止やスイングの上達などに役立てていきましょう。

ドライバーを全力でたくさん打つ?間違った練習法

ドライバーで飛距離を出すことはプレーに有効ですが、それだけではゴルフが上達したとはいえません。

ドライバーはクラブの中でも一番長いため、前傾姿勢を浅くしてスイングをします。

さらに、ボールがティーアップさている為、アッパー軌道でスイングをします。

しかしアイアンやウェッジなどシャフトの短いクラブでは、その長さにあわせて前傾姿勢を深く折りスイングしなければいけません。
ドライバーを多く練習し過ぎる人は、ドライバーは上手く打ててもフェアウェイウッドやアイアンが上手く打てなくて困ってしまうことになるのです。

全力でのフルスイングはフォームの乱れになりやすいのです。

フルスイングではなく、8割程度の力加減でフォーム作りをすることが大切なのです。

そしてフォームが固まってきたら、次の練習プログラムとしてスイングスピードを上げるため全力でスイングを行うことも必要です。

素振りというイメージトレーニング

ボールは打たないで、素振りのみのトレーニングを行うようにしましょう。

さらに、いっぱいボールを打ってその打球数を競うような練習法もNGです。

実際のラウンドでは一打ごとにフォームを素振りなどで確認をし、理想のショットをイメージしながら集中力を高めてスイングを行います。

練習だからといって1打1打を雑に打っては、実践ラウンドに繋がるリズムの取り方や集中力の高め方が身に付きません。

練習とはいえ、実践ラウンドをイメージして丁寧な練習をしていきましょう。

ゴルフの上達を早ようと思えばイメージトレーニングを取り入れることも大切です。

そのためには、自分のスイングがどのような状態であるかを客観的に把握しなければなりません。

そこで、自分のスイングを写真や動画に撮ってもらい、それを目に焼き付けておきます。

そして、どこを修正すればいいかを考えながら自分の理想のスイングを想像するわけです。

この時、単にフォームだけを想像するのではなく、それには筋肉をどう動かせばよいかという内的イメージをいかにリアルに思い描けるかが上達への近道になります。

スロースイングと逆打ち

おすすめなのが、スローモーションでの素振りです。

その練習法では、ひと振りに30秒以上の時間をかけてゆっくりとスイングを行います。

そうすると、腕、上半身、下半身などの動きや体重移動がどのように行われているかが、はっきりと意識できるようになります。

その中で問題点を見つけて修正を行っていくのです。

これは非常に疲れる練習法ですが、漠然とスイングを繰り返すより、はるかに大きな効果を得られると言われています。

右打ちの人なら左打ち、左打ちの人なら右打ちと、逆打ちを行うのもフォームの矯正には有効です。

利き腕の逆で打つと力が入りにくいために、結果として遠心力を活かしたスムーズなスイングになり、同時に、肩が開きにくいという利点ももたらします。

その感覚を覚え、打ち方を元に戻した際にフィードバックさせればフォーム矯正になると思います。

正しいゴルフの練習法を身に付けるのが上達への近道

結局のところ、上手くなるための秘訣を伝授してくれる

大阪のゴルフスクールが最適です!

上達を支える上質なゴルフレッスン!

大阪市中央区安土町1-6-14
オルフィゴルフスタジオ本町